So-net無料ブログ作成

対戦車用ミサイル 土手に誤発射 爆発はせず 群馬・高崎(毎日新聞)

 22日午後2時ごろ、群馬県高崎市の陸上自衛隊吉井弾薬支処で、隊員が対戦車用ミサイル「79式対舟艇対戦車誘導弾」(全長157センチ、直径15センチ、重さ33キロ)を点検中、突然ミサイルが発射し、施設の壁を突き破って約5メートル先の土手にぶつかった。ミサイルはさく裂せず、隊員にけがはなかった。外部への影響もないという。陸自などが誤発射の原因を調べている。

【写真で見る日本の軍事力】陸上自衛隊:富士総合火力演習

 防衛省陸上幕僚監部によると、このミサイルは戦車や船などを標的に使われる。正常に作動するかどうかを点検するため、隊員2人が保管用の容器から取り出して作業していたところ、1発が突然、飛んだという。加速度などが足りなかったため爆発しなかったとみられる。

 本来、発射の際には筒状の装置に入れて通電させるが、電流が過大に流れると、本体だけでも飛ぶことがあるという。陸自トップの火箱芳文・陸上幕僚長は22日の会見で「極めて不適切。大変申し訳ない」と陳謝した。

 現場はJR高崎駅から約5.5キロ離れた農村地域。消防車両やパトカー、ヘリコプターなどが集まり騒然となった。近くに住む女性(76)は「40年以上住んでいるが、これまで危ないと思ったことはなかった。実際に事故が起きると怖い」。男性(70)は「遠くで銃を撃つような音には慣れているが、今日は少し大きい音がしたので、変だなと感じた」と話した。【樋岡徹也、角田直哉】

【関連ニュース】
【自衛隊と事故】護衛艦衝突:「くらま」、関門海峡で貨物船と
ボックス60:1967(昭和42)年4月21日 佐藤栄作首相が武器輸出三原則
【こちらは国産ロケット】大型ロケットH2B:打ち上げ成功 宇宙ステーション補給機を搭載
ミサイル防衛:PAC3芦屋配備反対 住民が町に要請書 /福岡

キャンプ座間からゴルフボール飛び込む 相模原の公園(産経新聞)
次席検事「必要な協力を行う」 明石歩道橋事故で元副署長を強制起訴(産経新聞)
山陰海岸学習館、24日リニューアルオープン 鳥取(産経新聞)
対馬軍事化時代の証し、戦時中の陸軍標石確認(読売新聞)
金券ショップに強盗 少年を逮捕(産経新聞)

日本介護福祉士会、石橋会長の3選が内定(医療介護CBニュース)

 日本介護福祉士会はこのほど、5月末の任期満了に伴う次期会長選挙の立候補者を公示した。現職の石橋真二氏以外に立候補がなく、無投票で会長に内定した。石橋氏は2006年に初当選し、3期目に入る。5月29日に都内で開かれる通常総会で正式に選任される予定。任期は2年間。

 また、副会長には現職の内田千惠子、木村晴恵両氏の留任と、三浦晃史理事の就任が内定した。内田氏は2期目、木村氏は3期目となる。


【関連記事】
介護相談の取り組みを紹介―介護福祉士会がシンポ
特養の介護職員の医療行為は「緊急避難」
ファーストステップ講師養成研修を今秋開催
介護従事者の職場満足度を調査―日本介護福祉士会
介護関連団体、新政権に期待することは

地方への逆流 韓国、法科大学院の誕生で(産経新聞)
仙谷氏の「同日選」発言に閣僚ら非難(産経新聞)
菅家さんの選挙権回復(産経新聞)
「首長新党」と連携も=前原国交相(時事通信)
開星高校元教諭を再逮捕 児童ポルノ禁止法違反容疑 島根県警(産経新聞)

<エコ卒塔婆>間伐材を利用 広島の寺院、全国から注文(毎日新聞)

 死者の供養のために経文や戒名を書いて墓に立てる卒塔婆(そとば)に、国産ヒノキの間伐材を利用する試みが、広島県の日蓮宗寺院を中心に全国に広がりつつある。外国産木材の輸送時に排出する二酸化炭素の削減と間伐による森林整備を目指す「エコ卒塔婆」で、今後は宗派を超えて普及させたいという。

 卒塔婆製造業界によると、材料の木材は中国やロシアなど外国産が約8割。06年に同県の日蓮宗僧侶の会合で環境保全のため間伐材利用が提案され、同県福山市の妙法寺住職、松本恵行(えぎょう)さん(42)らが協力業者を探した。

 県北部の三次(みよし)地方森林組合がヒノキを間伐し、2業者が加工。乾燥作業などを福祉施設に委託し、障害者に就労の機会も提供した。

 間伐材は節が多く、加工に手間がかかるため、07年の販売開始当初は1〜2割ほど割高だったが、僧侶たちの紹介や口コミでこれまでに広島や愛媛、千葉、静岡など全国8県の45の日蓮宗寺院から約3万5000本を受注した。加工を請け負う道田木材の道田清隆社長(33)は「採算ラインに乗りつつあり、現在の値段は輸入材とそれほど変わらない」と話す。

 当初、「品質の低い間伐材を霊前に供えるのは失礼では」との声もあったが、購入した檀家(だんか)からは「昔の卒塔婆はこんなものだった」「環境に優しい」など、好評だという。

 松本住職は「捨てられる間伐材を有効活用してご供養に生かすことは『蘇生』や『命の輪廻(りんね)』という仏教の精神にもかなうのでは」と話し、今後は他宗派にも呼びかけるという。【豊田将志】

【関連ニュース】
エコで勝負:ホンダ・薄膜太陽電池 甲子園球場に採用
森林面積:減少、初の鈍化 新たに年700万ヘクタール、中印が大規模植林
エコポイント制度:住宅関連に熱気、焦点はリフォーム 家電特需も依然勢い
<写真特集>「神の鳥」息づく森 中米・コスタリカ
<写真特集>南極地域観測隊:奇跡のバランス地球 南極が教えてくれたこと

高速道上限制 負担減?増? 評価も不満も(河北新報)
京大大学院生らが電気自動車開発 ベンチャー企業設立(産経新聞)
<パトカー>乗用車と衝突、男性軽傷 神奈川・相模原(毎日新聞)
<野口聡一さん>誕生日にあめ 山崎さんが職人に依頼(毎日新聞)
バウンドの衝撃で左翼折れ横転 フェデックス貨物機着陸失敗で経過報告(産経新聞)

のり食べる生活に適応=日本人の腸内細菌群−消化遺伝子取り込む・仏大学(時事通信)

 のりやワカメ、昆布などの海藻をよく食べる日本人の腸には、海藻に含まれる多糖類の分解酵素を持つ細菌がいて、消化に貢献している。この多糖類の分解酵素遺伝子は、海藻に付着している細菌から取り込まれた可能性が高いことが分かった。フランスのピエール・マリー・キュリー(パリ第6)大学の研究チームが8日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 この多糖類分解酵素「ポルフィラナーゼ」の遺伝子や、寒天の主成分アガロースの分解酵素「アガラーゼ」の遺伝子は、米国人の腸内細菌群からは見つからなかった。腸内に共生する細菌群は、人間の食生活に適応しているとみられるという。
 日本人の母と乳児では、ともにこれら2種類の遺伝子が腸内細菌群から検出された。細菌群が母から子へ伝わる経路もあると考えられる。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
「冷たい木星」を発見=へび座惑星、欧州の望遠鏡で
犬種の大半は中東起源=「秋田」は東アジアのオオカミから
警察のDNA型鑑定システム増強=ライフテクノロジーズジャパン〔BW〕
メラトニン遺伝子変異で雄が早熟=体内時計担うホルモン

参院選に政治生命懸ける=自民総裁(時事通信)
研究系の38法人を統合へ、政府が仕分け方針(読売新聞)
ライター部品か、金属片二つ発見…4児焼死(読売新聞)
<神奈川不正経理>元職員、授受のたびに場所変更(毎日新聞)
<仮処分申し立て>「雇い止めは無効」元スケート五輪コーチ(毎日新聞)

拳銃と覚醒剤隠し持つ 銃刀法違反容疑などで男を逮捕(産経新聞)

 拳銃(けんじゅう)や覚醒(かくせい)剤を知人のマンションに隠し持っていたとして、大阪府警捜査4課などは3日、銃刀法違反(所持)と覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで、大阪市住之江区御崎の無職、友田圭容疑者(33)を逮捕したと発表した。府警によると「間違いありません」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は平成21年7月中旬、大阪市生野区の知人の男(38)=銃刀法違反罪などで有罪確定=と共謀し、男の自宅マンションに拳銃1丁と実弾34発、覚醒剤約15グラムを隠し持っていたとしている。

 府警によると、友田容疑者は山口組傘下の暴力団とかかわりがあったという。

【関連記事】
年金詐取し上納 弘道会系組長ら再逮捕
企業食い尽くすハイエナ 「クロちゃん」の10年
なぜ「小判」?時代劇の悪代官なりきり男、交渉前に「暴れん坊将軍」
わいせつDVD製造グループ会長を逮捕 売り上げ23億円以上
「北朝鮮に送るぞ」 会社役員を監禁・暴行容疑の男ら4人逮捕

<歌舞伎座>最終公演「御名残四月大歌舞伎」始まる(毎日新聞)
虐待の恐怖から救え 松本聖香さん事件から1年 遺族、厳罰化訴え(産経新聞)
首相、温暖化対策を柱に=政権公約会議が初会合−政府・民主(時事通信)
国家試験合格率、PTが92.6%、OTが82.2%(医療介護CBニュース)
<秋葉原>防犯カメラ設置…無差別殺傷の現場周辺に34台(毎日新聞)

【話の肖像画】KYバンザイ!(下)医師・鎌田實(産経新聞)

 ■娘の「キライ」で人生作り直し

 −−著書のタイトル「がんばらない」は流行語にもなりましたね

 鎌田 あの本は、20世紀最後の年である2000年9月に出したのです。20世紀は「がんばる世紀」で、ボク自身もがんばった。でも人間は両方のリズムが必要なんです。「がんばる」ときも「がんばらない」ときも…。例えば会社でずっと張りつめた気持ちでいて、家でもそうだったらイヤでしょう。がん患者だって、リラックスすると副交感神経が活発になり、リンパ球が増えて免疫機能が高まることがあるのです。

 −−鎌田先生も48歳のとき、「がんばり」過ぎて、パニック障害になりかけた

 鎌田 39歳で(諏訪中央病院の)院長になり、“ええカッコしい”だから、高度な医療も救急医療も、地域での温かい医療も全部やって、病院経営も黒字に…と難しい課題に向かって全力疾走を続けてきました。それが突然、おかしくなった。冷や汗が出て震えが止まらず、往診先で車から降りられないようになってしまったのです。ボクはハングリーだし、「強い人間だ」と思っていたけど、気づかないうちに体が“制度疲労”を起こしていたんですね。

 −−夜も寝られなくなり、ついに奥さんにSOS…

 鎌田 24時間、いつでも飛び出せるよう妻とは寝室を別にしていましたが、ある日、とうとう夜明けまで眠れず、彼女のベッドにもぐり込んだのです。妻は震えるボクの体をしっかりと抱きしめてくれました。これでどれほど安心できたことか。

 −−同じころですか、高校生の娘さんに「お父さんキライ」って言われたのは

 鎌田 やはり忙しすぎて家族と一緒に過ごす時間がなかったのが原因でしたが、面と向かって言われたのはショックでしたね。ボクは娘のことを愛していたし、息子の10倍はかわいがっていたつもりでしたからね(苦笑)。

 でも、言われないで疎遠になってしまうより、はっきりと言われて良かったと思います。それから娘との関係をつくり直しました。一緒に本を読んだり、映画に行ったり…いまではすごく仲よし。ボクの生き方も、これをきっかけに変わったと思います。

 −−家族全員から名前(ミノ君)で呼ばれているそうですね

 鎌田 孫もボクのことをそう呼ぶ。妻に言わせれば、昔のボクは病院経営など、難しい問題になると「怖かった」けれど、いまは芯から優しくなった。孫がそう呼べるのが何よりの証拠ですよ、って。(喜多由浩)

セクハラ相談員がキス強要=職安男性幹部を停職処分−大阪労働局(時事通信)
<チンパンジー>仲間の視線の先に敏感…京大霊長類研ら発見(毎日新聞)
探幽の雲龍図と確認 京都・興正寺の掛け軸(産経新聞)
死刑求刑の小泉被告に判決へ=元次官ら連続殺傷−さいたま地裁(時事通信)
介護人材の養成の在り方で議論―厚労省検討会が初会合(医療介護CBニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。